Latest Post

SEO対策と最新コアアップデート(ヘルプフルコンテンツアップデート)について解説 4P分析とは?基礎知識と活用ポイント

検索クエリというのは、ユーザーが検索する際の文字列のことです。京都、リフォーム、という検索ワードで上位を狙ったときに、実際にサイトへ来てくれるユーザーの検索クエリは、京都、リフォーム会社だったり、リフォーム、京都の業者、だったりとさまざまです。広告出稿側としては、検索キーワード、ユーザー側からしたら、検索クエリということですが、一般的にキーワードという意味で「検索クエリ」という言葉が広く使われています。売り込みをして成約に結びつける取引型キーワードと集客することに特化した情報収集型キーワードを分離しましょう。それぞれの特徴を踏まえてページ作りを頑張りましょう。その下準備として、各キーワードの調査をして表にまとめると良いでしょう。取引型キーワード、情報収集型キーワードそれぞれの特徴を理解しましょう。

取引型と情報集型キーワードとは

取引型(トランザクショナルクエリ)というのは、商品、サービスの問い合わせや購入につながる検索クエリのことをいいます。「地域名+サービス名」「商品カテゴリー+販売」「商品名+通販」などといった、多くの業者がひしめき合っているクエリとなります。情報収取型(インフォメーショナルクエリ)というのは、直接購入に結びつきにくい情報を集めるための検索クエリのことをいいます。「〇〇+選び方」「〇〇+使い方」「〇〇とは」というような意味や方法を調べることです。インターネットを使う目的が疑問や悩みを解決することなども、このクエリです。GoogleSearchConsoleはの検索アナリティクスやGoogleAdWordsの検索クエリを見てみると、不随するさまざまな検索クエリでサイトに訪れていることがわかります。

3種類の検索クエリの傾向とは

①ナビゲーショナルクエリはタイプは案内型で、検索数としてはかなり少ないものです。成約見込みの方はかなり高いといえます。特徴として、アクセスの意図が明確なところです。そのサイトへ行きたいと考えているユーザーが集まります。指名検索キーワードやトップページへの誘導をします。②トランザクショナルクエリのタイプは、取引型となります。検索数は少なく、成約見込みは高いといえます。特徴としては、商品、サービスを買いたいという意思がある見込み客が集まるところです。取引型キーワードを使い下層の各セールスページへ誘導します。③インフォメーショナルクエリは、情報収集型です。検索数は多いのですが、成約見込みは低いといえます。特徴としては、疑問や悩みがあったり、いろいろな情報や解決策を求めるユーザーが集まります。