Latest Post

Googleの検索アルゴリズムについて Google Search Consoleとアナリティクスとの違いやできること

Googleタグマネージャーでサイト内に埋め込むタグをすっきり管理しましょう。コードがすっきりしますし、タグマネージャ内で、いつ何のタグをどこに居れたかわかりやすく管理することができます。ポイントとしては、Googleタグマネージャのメリットを知って、タグを埋め込むこととアクセス解析やコンバージョンタグなど必要なタグを監理することです。GoogleタグマネージャはGoogleが無料で提供しているタグを一元管理できるツールのことです。最初にHTML内にタグマネージャのタグを埋め込んでしまえば、HTMLファイルを触らなくても管理画面で操作できます。プレビューモードで、サイト内の各ページを確認して、実際にタグが動作しているかどうか事前にチェックできます。HTMLコードに書く必要がないので、コードがきれいになります。

Googleアナリティクスでチェック

GoogleタグマネージャやSearchConsoleなど、他のGoogleサービスと連携しやすいGoogleアナリティクスで、アクセス解析をしましょう。無料で利用できるGoogleのアクセス解析をサイト作成後すぐに導入してください。ポイントとしては、Googleタグマネージャにアクセス解析のトラッキングIDをすべてのページに入れることと、フィルタ設定でPCとモバイル端末に分けて、それぞれのアクセス傾向をチェックできるようにすることです。アクセス解析を入れなければ、アクセス数やユーザーのサイト行動を把握できません。解析はサイトが出来上がったらすぐに入れてください。Googleアナリティクスは、アクセス解析として十分な機能が備わっています。ヒートマップ分析などほかのサービスとの連携も可能です。

GoogleSearchConsoleでチェック

GoogleSearchConsoleは、検索エンジンからの集客を行うためには、必ず登録すべきものです。サイトのURLを追加したら、HTMLの確認ファイルをダウンロードして、サーバにアップするだけ。FileZillaなどのFTPソフトを使ってサーバに接続して、確認ファイルをサーバに転送しましょう。サイトに問題があるときは、メッセージが届きます。内容をチェックして対応していきましょう。GoogleSearchConsoleを使ってサイトに問題がないか、随時チェックしましょう。SEOを行う場合も、SearchConsoleの内容から改善できる箇所もあります。それぞれの役割を理解することも大事です。SEOのためにやるべきことは、HTMLの改善やサイトへのリンク、インデックスステータスなどです。