Latest Post

WEB集客力を飛躍的に向上させる!SEOを活用した集客戦略の極意 Googleの検索アルゴリズムについて

常にサーバが重いと感じるなら、自分のサイトに問題がないかどうか、またはサーバ障害が起こってないかどうかをチェックしましょう。それでも、サーバが重い場合は、レンタル共用サーバで一緒のサーバに入っているほかのサーバの影響を受けているかもしれません。これも確認しましょう。サーバ会社に問い合わせて、他のユーザーの影響で表示が遅くなっているとしたら、サーバ移転を検討しましょう。表示速度の高速化の基本として、レスポンスの早いサーバを選ぶことが大切だと思います。まとめとして、全ページ常時SSL化、スマートフォン最適化は必ず行いましょう。レスポンスの早い安定したサーバでも表示速度が極端に遅い場合は改善しましょう。サーバが問題の場合は、移動を検討しましょう。そして表示速度にこだわりすぎないようにしましょう。

地域一番の上位表示になるには

検索結果の順位づけは競合の状況によって変わるそうです。競合が激しいキーワードは上位表示されにくいようです。競合が少なくいキーワードだと簡単に上位表示されることになります。地域で商売を考えているならば、サイトが地域一番になっているか分析しましょう。競合サイトを把握するのは大切なことです。目的のキーワードのトップ20までみておきましょう。地域一番になって、地域キーワード1位を目指して充実させましょう。検索結果の順位は、競合サイトとの相対評価で決まります。競合サイトに勝つ取り組みが必要となってきます。検索エンジンで上位表示されている競合がどれだけ取り組んでいるかを知る必要があります。こちらとしては、それを上回る対策をしなければなりません。逆に地域や業界全体で3社程度なら、数か月の取り組みで上位に表示できる可能性があります。

競合サイトと比較するポイント

競合サイトと比較するポイント

競合サイトと比較するポイントとして、サイトの見せ方、わかりやすさ、使いやすさ、操作性、更新頻度、ページの充実具合、情報量といったものです。過去のSEOは、サイト運営年月とどれだけページ数とリンク数があるか比較して、その数字に向かって対抗するやり方だったそうです。また、被リンク数はツールで収集できなくなりました。なので、調査は不要です。今は内容の薄いページやスパムのような人工リンクは評価を下げています。充実した情報を提供しているかどうか、再訪問したくなるサイトかどうかというところがとても重用しされていると言われています。目的とする地域キーワードまたは複合キーワードにおいて、1ページ目のトップ10と2ページ目の11~20位のサイトに分けて、取り組み状況を考えてみましょう。ドメイン年齢などを見ていきます。

競合トップ20を分析しよう

自分のサイトが圏外であれば、まず20位以内のサイトと比較してコンテンツを充実させましょう。べすと5を目指すならば、1ユーザーの視点に立つことが大事です。どの業者を選ぶか客観的な視点でサイトを見ていきましょう。競合を上回るよう工夫していくことです。実店舗ならば、声を出してお客様を出迎えたり、商品のレイアウトを変えたり、ポップの位置を変えたりして、いかに繁盛店に見せるかを工夫すると思います。お客様がサイトへ来てくれたときに、繁盛している店と思ってもらうには、サイトを更新して手をかけていく必要があります。指名検索数もサイトの充実も、地域一番になれば、検索結果も上位に表示されるようになります。自分のサイトが競合と比べて一番なのかどうかを客観的な視点で分析しましょう。常に改善と充実に努めてください。